ネット上でホームページが作れる!

業者との打ち合わせや店舗でのソフト購入もいらない

簡単に操作できるCMS(コンテンツマネージメントシステム)が普及する前は、ホームページ作りというものはとても大変でした。そして、手作りでホームページを作ろうとしてもデザイン性や総合的な完成度には限度があるため、作るとなると専門業者に頼むケースが多かったことで知られます。業者に依頼するとなると、打ち合わせなどオフラインで行う事も色々と出てきます。また、自力で作るとしてもまずはレンタルサーバ会社に申込書を郵送してもらい、書類を通じて申し込むのが一般的で、作り始めるまでにはだいぶ時間が必要でした。さらに作成に関連するソフトに関しても、DL版がなかった時代は店にソフトを買いに行く必要もあって、HP作りには様々なオフライン作業が必要だったところがあります。

CMSによってはロゴもオンラインで作れる

しかし、まずレンタルサーバとの契約は2000年代半ばからオンラインで済ませられるのが一般的になりました。また、レンタルサーバとの契約成立後にワンタッチでインストールできるCMSが用意された事で、ホームページ作成ソフトが必要なくなったところがあります。その他、サーバーインストール型不要で誰でもブログ感覚で簡単に操作できる「クラウド型CMS」の進化も進んでいます。昔は月額利用費が1万円前後するクラウド型CMSが多かったものの2010年代に入って価格破壊が起き、安く利用できるようになったので契約に躊躇がいらなくなりました。そして、クラウド型CMSを利用すると、ロゴ作りを除いてほぼ完全にオンライン上(ネット上)でホームページ作りが出来ます。さらに、クラウド型CMSの中には、CMS内の機能として凝ったロゴを作れるケースもあり、そういったCMSを利用するとロゴ作りもネット上で行えます。

© Copyright Web Portal Solutions. All Rights Reserved.