和菓子街道 東海道

tokaido-main-pic.jpg

東海道五十三次歩き旅によせて

 東海道は、幼い頃からいつも私の身近にあった。それは「国道1号線」であり、「東名高速道路」であり、「JR東海道本線」であり、「東海道新幹線」であった。もちろん、「旧道」と呼ばれる本来の「東海道」も、いつも私の側にあった。

 距離にして百二十六里半(一里=約3.9km)。古くは8世紀頃、伊勢湾沿岸部、中部・関東の太平洋岸の地域を「東海道」と称したことから始まり、何世紀にも渡って日本の西と東をつなぐ大往還としての役割を果たしてきたのが東海道だ。

 慶長6年(1601)から7年間かけて、江戸幕府が江戸・日本橋を基点とする主要五街道(東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道)を整備すると、中でもとりわけ東海道は、政治の中心となるべく幕府が置かれた江戸と、御所のあった京を中心とする上方とを結ぶ道として重視された。幕府や諸大名の公用ルートであり、商人の道であり、お伊勢参りを夢見る庶民の巡礼の道でもあったこの道は、西へ東へ、様々な思いを運びながら、数々のドラマを生んだ歴史の大舞台でもあった。

 子供の頃には、その歴史など考えたこともなかったが、郷里の三河を離れてからも、私にとって東海道は、「自分が今いる場所」と「ふるさと」とをつなぐ大切な道であり続けた。新橋駅や横浜駅のホームで、オレンジと緑の東海道線の車両を見るたびに、「ああ、あれに乗れば故郷に帰れるんだ」と思った。そんなにホームシックなのかと問われると、そういうわけでもない。新幹線の「ひかり」なら1時間で行ける距離で、実際、年に何度か実家に帰っている。

 それでも、「東海道線」を見たり、「東海道」を耳にしたりすると、「あれに乗れば…」と変にノスタルジックになってしまうのだ。それがどういった経緯で「あれに乗れば…」から「あの道を歩けば…」に変わったのかは、定かではない。本屋で偶然立ち読みした東海道関連の本をそのままレジに持っていき、いつの間にか日本橋の袂に立っていた、というのが真相である。

 そんなわけで、突如として始めた長い長い歩き旅だったが、これが思いのほかおもしろい。歴史はもちろん、地理、各地の文化に実にスローなペースで接し、体感してゆく。知らない町で知らない人の優しさにも何度となく触れた。一歩進むごとに宝物を拾って、背中に背負った花籠に入れていくような旅だった。

 色々な意味で収穫の多い旅となったが、「三度の飯より…」ではなく「三度の飯+甘いもの」な私にとって、よく知っているはずの東海道が「老舗和菓子街道」であることを知ったことは、何よりの収穫であった。私の「街道の名物菓子を求め歩く旅」の原点ともなった東海道筋の老舗とその銘菓をここに紹介したい。

 

kameyama-namako-wall.JPG

goyu-old-street.jpg

akasaka-ohashiya.jpg

東海道の宿場町と紹介する和菓子屋