和菓子街道トップページ

和菓子街道

wagashikaido-main-pic.jpg

旅先で巡り逢った老舗銘菓と、
その思い出の味

 以前、長崎を旅した折に、ふと目について立ち寄った菓子屋があった。そこの名物菓子を一折求めて土産にした。それが、一口香〈いっこうこう〉である。一口香が長崎名物であるということは、ずっと後になって知ったのだが、ふらりと行った街で偶然求めたその菓子の味が妙に忘れられず、数カ月後に店に手紙を出してもう一折送ってもらった。

 送ってもらった菓子を食べて思い出したかったのは、その菓子の味だったのか、旅の思い出だったのか…。それは今でも分からずじまいだ。あなたにもそんな経験はないだろうか。

 旅の味は、格別な思い出――それは、いつの時代も同じである。遠い昔、まだ電車も車もなかった頃、旅人達は街道を歩いて旅していた。

 江戸時代初期、それまであった街道は、主に軍用道路として本格的に整備され、それに伴い宿駅制度ができた。宿場町には旅籠や飲み食い処が軒を連ね、菓子をひさぐ店も増えていった。

 やがて戦乱の世が終わり平和が訪れると、街道は諸藩大名の参勤交代の公式ルートとして、また庶民の道としての性格を強めていくことになった。江戸時代の旅人達は、茶店で歩き疲れた足を休め、湯茶と菓子で一息つきながら道中の椿事や苦労話を語り合ったのだろう。砂糖などの甘味が貴重だった当時、甘い菓子は旅人達にとって、とっておきの贅沢だったのだ。

 そして今なお、江戸時代の旅人達をもてなした味は、幾世代もの時代を超えて受け継がれ、私達の舌を楽しませてくれている。日本各地の街道を歩いていると、そういった昔ながらの菓子を造り続けている老舗に出逢うことがある。

 幕末の動乱、宿駅制度の廃止、鉄道敷設に伴う街道の衰退、大戦と空襲、自動車の普及と高度成長期を経て、大手資本がモノをいう現代…時代が移ろう中、街道に佇む小さな小さな和菓子屋は、変わることなく、そこにあり続けた。なぜだろう。

 それは、菓子司達の気質とプライド、そしてそこから生まれる特別な味が愛され続けているからではないだろうか。

 街道に、宿場町に歴史があるように、ひとつひとつの老舗とその名物菓子にも歴史がある。参勤交代途中の大名に献上された菓子から、弥次さん喜多さんのような旅人が番茶と一緒に頬張った素朴な菓子まで、街道沿いには知られざる銘菓がまだまだたくさん残されている。

 あなたもちょっと歩いて、歴史街道沿いにお気に入りの和菓子屋さんを見つけてみませんか。

mariko-utsunoya.jpg

jizo-on-star.jpg

himeroad-kamiaraya.jpg

和菓子街道の道しるべ

街道 index

NEW! ・・・・・・ 中山道の草津のページをアップしました。
            BBS(掲示板)を廃止しました。
            お問い合わせ等はこれまで通りメールで承っております。masterあっとtrad-sweets.com(あっとは@に変えて下さい)
            2012年12月31日: 中山道の大津のページをアップしました。